top of page
Apoptosis N
  • Apoptosis N


    Apoptosisによる新世界
    静岡で何度も受賞されてきた茶畑、ススキやササを10年、20年という歳月を経て土に還す伝統的な世界農業遺産認定の農法で育まれた茶葉を使用。
    気が遠くなるような、自然の生と死の循環の中で150年以上受け継がれてきた土は、手に取るとほろほろとほぐれてしまうほどの柔らかさ。
    その豊かさに、東山では絶滅寸前と言われる植物や虫達が息づいているほど。

    水のみで一滴一滴時間をかけて抽出。旨味と香りを最大限出した状態でボトリングしました。
    骨格ある豊かな旨みと甘やかな香りがあふれ出し、奥深い蜜の味わいが、個性豊かな料理にもしっかりと対比します。
    時間と共にまろやかに落ち着き、料理との調和を始めます。
    移ろう様がコミュニケーションの肴に。
     

    特別な日のため、妥協しない一杯
    酔いではなく、安らぎとご一緒にどうでしょう。

    • 種類

      緑茶

    • 内容量

      375 / 720ml

    • 保存方法

      要冷蔵 (10℃以下、縦置き)

    • パートナー

      東山茶業組合・Benefitea株式会社

    • 味わい

      グラスを傾けるとまず、香りが持つ華やかさと複雑さが口腔から鼻に抜け、こくのある旨みが口に広がります。
      フィニッシュにかけて、国産蜂蜜を思わせる爽やかでありながら深みのある甘味のニュアンスが現れて、とろりとしたテクスチャーと合わせて味の厚みを演出します。

      茶葉だけでなく水もまた茶畑に近いところで湧いたものを使用し、旨みと渋みが最もバランスよく感じられる質感になるよう試作を繰り返しました。
      また、「コールドエクストラクション製法®」により一滴一滴丁寧に抽出することで、しなやかで芯のある旨みを最大限に引き出しています。

      時間を置くとワインのように酸が調和していき、より一層柔らかく、ふくよかな味わいへと変化していきます。

    • 香り

      開栓直後からフルーティさが感じられ、グラスに注ぐとみずみずしい柑橘、花の香りがふわりと溢れます。
      茶葉の青青しさと深みのある香ばしさが同居する、複雑な香りをゆったりと味わって見てください。茶葉を育んだ掛川の自然と、茶師による目利きがなせる技です。
      温度や空気と調和していくと、次第にまろやかに柔らかく変化していきます。日本茶本来の儚さ、移ろいを食事と共に味わうことができ、楽しむことができます。

    bottom of page